Google Apps Script

GAS(Google Apps Script)のコンテナバインド型とスタンドアロン型

スポンサーリンク

Google Apps Scriptには、「コンテナバインドスクリプト」と「スタンドアロンスクリプト」の2種類があります。

それぞれの説明をまとめました。

コンテナバインドスクリプト

コンテナバインドスクリプトとは

「コンテナバインドスクリプト」はGoogleドライブの「Googleスプレッドシート」や「Googleフォーム」などGoogleドライブ上のサービスに紐づくGoogle Apps Scriptです。

スクリプトエディタの開き方

「Googleスプレッドシート」や「Googleフォーム」などのメニューの「ツール」「スクリプトエディタ」をクリックするとスクリプトエディタを開くことができます。

  • Googleスプレッドシートの場合
  • Googleフォームの場合

メリット

  • Googleスプレッドシートから利用ができるため、手軽に始めることができます。
  • IDなどを指定しなくても参照が可能なクラスが準備されています。
  • 「Googleスプレッドシート」などは図形などにスクリプトを割り当てることによりスクリプトの実行が簡単にできます。

デメリット

  • Googleドライブ上にスクリプトファイルは表示されないため、スクリプトが設定されているかどうか分からない。

スタンドアロンスクリプト

コンテナバインドスクリプトとは

「スタンドアロンスクリプト」は「Googleスプレッドシート」などに紐づかないGoogle Apps Scriptです。

スクリプトエディタの開き方

Googleドライブの「新規」「Google Apps Script」を選択して新規ファイルとして開きます。

メリット

  • Googleドライブ上にスクリプトファイルが表示されるため、管理が行いやすいです。

デメリット

  • 「Googleスプレッドシート」などを操作する場合はIDが必要となります。
  • 紐付けされていないため「Googleスプレッドシート」などからスクリプトの実行ができません。

まとめ

簡単ですが、いかがだったでしょうか?

スクリプトの用途に応じて、「コンテナバインドスクリプト」と「スタンドアロンスクリプト」を使い分けてください。

このブログでもサンプルスクリプトを公開していますので、試してみることが一番だとおもいます。

タイトルとURLをコピーしました